ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#13「大切な商品」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年マガジン 2018年42号[2018年9月19日発売]

編集部に轟く、

とある編集者の悲哀・・・。

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#13「大切な商品」あらすじ

見事、週マガに連載が決定した翼と龍之介。気持ちも新たに作品に取り組むべく、取材をすることに決めたようだが・・・。

 

スポンサーリンク



 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#13「大切な商品」ネタバレ

 

 

仲田「なんで学園ラブコメの連載で温泉の取材が必要なんだよ!!」

龍之介「小鳥遊が急に・・・」

 

 

龍之介「ウチの実家が伊豆で温泉旅館やってるんで・・・」

仲田「あ~いいな~!!オレが替わりてェ!!バチが当たれ!!」

龍之介「オレらはただの作家と編集者ですって」

山城編集長「本当に冗談じゃ済まされないぞ?」

龍之介「なんスか編集長まで・・・」

山城編集長「お前に無くても向こうにあったらどうする」

 

 

場面は変わって

龍之介「オレと小鳥遊がつき合うわけねーじゃん いくら可愛いからってあんな凶暴なヤツ好きになるわけが・・・」

翼「すいませーん お待たせしました!」

 

 

翼「それじゃ行きましょ?」

龍之介「え・・・おぉ な・・・何どうかしたか?」

翼「あの・・・私服姿ってダサイですね」

龍之介「・・・は?」

翼「行きましょ?もう出発の時間ですよ」

龍之介「・・・オイ!!」

 

 

翼「ハイ 剣埼さん!ビール買っといたんで一緒に飲みましょ?」

龍之介「あぁ・・・ありがと・・・」

翼「ねェ剣埼さん!!お弁当ってどのタイミングで食べたらいいんですか!?」

翼「・・・初めてなんです・・・旅行なんてしたことがなくて・・・」

龍之介「・・・そうなの?」

翼「母が亡くなって母の実家に引き取られてからはずっと勉強って言われて・・・だから」

龍之介「・・・小鳥遊」

翼「私が言いたいのは!そーゆー話しじゃないんです!!」

 

 

翼「本当にありがとうございます」

龍之介「色々案内してやるよ!ウチの田舎いい所多いから!!」

老人「カップルで帰省ですか?」

龍之介「だから仕事っス仕事!!」

老人「あ・・・失礼しました」クスクス

龍之介「そんなにオレら恋人同士に見えんのかね?」

 

 

龍之介「・・・は?」

翼「ぐーっ すーっ すーっ」

 

 

揺れたのは列車か、それとも心か。

決して、落ちてはいけない恋。

 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#13「大切な商品」感想

大切な商品・・・伊豆旅行ですか。しかも龍之介の実家へ2人って。何かありそうですよね。その前に翼がドキッとする言葉を言いましたがどうなるんでしょうね?次が楽しみです♪

目次ページはこちらをクリック!!

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#12「恩返し」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年マガジン 2018年41号[2018年9月12日発売]

連載決定のご報告へ!

 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#12「恩返し」あらすじ

翼が入選を獲得した作品と、同じく入選を獲得した浅間担当の杉浦氏の作品が週マガに掲載されることに!アンケートで順位が高かった方が連載確約となるというサバイバルマッチの行方は・・・?

 

スポンサーリンク



 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#12「恩返し」ネタバレ

 

 

翼「・・・でもちょっと心配です たった5か月で辞めたいだなんて・・・怒られませんかね」

龍之介「さァなァ」

 

 

翼「お仕事中にすみません・・・ご相談がありまして」

天谷「夏目さんから聞いてるわ 辞めるって話でしょ?」

龍之介「え・・・知ってたんですか?」

翼「あ・・・あの!!たい焼き買って来ました!!」

天谷「やれやれよね やっと描けるようになったと思ってたのに」

翼「すみません・・・」

天谷「連載開始は4月からだっけ?すぐにでも辞めないとマズイわよねェ」

翼「・・・ハイ」

龍之介「オレが新しいアシスタント探して来ますから!!」

天谷「アナタ達 本当に申し訳ないと思ってる?」

龍之介「ハイ!!」

翼「もちろんです!!すごく感謝しています!!」

 

 

天谷「悪いんだけど2人にモデルやってもらいたいの・・・ハーイそれじゃ始めるわねー」

 

 

龍之介「なんでこんなことしなきゃいけないんですか!!」

翼「上見たら殺しますからね!!」

天谷「結局 受け止めきれず技を食らう風魔くん」

 

 

 

 

天谷「いいわねェ 翼ちゃんその表情・・・どんどん行くわよ!?」

・・・

龍之介「ホント・・・サイテーの技ばっかですよね」

天谷「・・・当り前じゃない だってコレが私の”武器”なんだから」

龍之介「・・・武器?」

翼「もう許して下さい・・・恥ずかしくて死にそうです・・・」

天谷「仕方ないわねェ じゃあ最後に一枚キスシーン撮らせてくれる?」

龍之介「あぁ・・・それくらいなら」

翼「ハイ わかりました・・・」

翼・龍之介「キスシーン!?」

天谷「はーやーくー オ・ン・ガ・エ・シ」

 

 

龍之介「わ・・・わかりました・・・!サッと終わらせよ」

翼(やだ 顔近い せめてちゃんとお化粧しとけばよかった・・・)

龍之介「・・・ん?今週のネームにこんなシーンありましたっけ?」

天谷「チッ・・・バレた イジワルしただけよ」

翼「もオっ!!先生!!」

天谷「それじゃ連載頑張ってね2人共」

場面はジョンソン

龍之介「酷い目に遭ったな・・・でもまァ

これで心置きなく連載を始められるな 頑張ろうぜ!」

 

 

???「そんなの納得いきません!!」

 

 

仲田「さすがにこれ以上は増やせないから・・・」

武田「オレより人気悪いラブコメだってありますよ!?」

仲田「そっちの方は圧倒的にコミックスが売れてるんだよ・・・」

武田「イヤだァ・・・やっと連載できたのに・・・婆ちゃん喜んでくれてたのに・・・」

龍之介(ヤベェな・・・連載前にこんなの見ちゃったら小鳥遊・・・)

翼「私・・・勘違いしてました・・・」

 

 

龍之介「・・・小鳥遊・・・あぁそうだ」

翼「もちろん・・・天谷先生にも・・・ですよね」

 

 

期待も、不安も。

戦って居場所を勝ち取れ。

 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#12「恩返し」感想

恩返し・・・久しぶりにお色気シーンがありましたね。天谷の悪ノリ面白い。もう少しで龍之介と翼がキスするところだったのに変に機転が利く龍之介!連載どうなるのか・・・次が楽しみですね♪

目次ページはこちらをクリック!!

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)1巻巻末#?「秘密のお仕事」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

 

スポンサーリンク



 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)1巻巻末#?「秘密のお仕事」あらすじ・ネタバレ

 

 

そんな私の

柚希「お邪魔します」

週に一度の誰にも言えない秘密・・・

それは

都内にあるとあるマンションの一室で

 

 

 

 

 

 

天谷「仕方ないわねェ まァいいわ おかげで今週もいい資料写真が撮れたし それじゃモデル代は振り込んでおくわね」

柚希「ねェもうやめていい?」

なんだか少し罪悪感もあるけど・・・

だけど家族がこんなに楽しんでくれるなら

大希「ぶわはははっ!!今週の『霧隠れさん』もブチおもしろいな!!天才かよ天谷!!よくこんなポーズ思いつくな!!」

青大「オレもみたいーっ!!」

柚希「・・・」

青大「あれ?どうした柚希 今日の夕飯はやけに豪華じゃな」

柚希「うん ちょっと臨時収入があったの」

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)2巻巻末#?「体験取材」

目次ページはこちらをクリック!!

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#11「読者アンケート」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年マガジン 2018年40号[2018年9月5日発売]

ここは戦場。

ヒットマンの集う場所。

 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#11「読者アンケート」あらすじ

新人賞の入選2作を週マガに同時掲載!連載をかけたバトルは、作家・編集者の手を離れて読者に委ねられた。”面白い”のはどちらか。ジャッジの時が近づく。

 

スポンサーリンク



 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#11「読者アンケート」ネタバレ

 

 

12月某日

店員「ありがとうございましたー」

場面は週マガ

龍之介「ついに発売してしまった・・・オレと小鳥遊で作った読み切り・・・そして・・・浅間と杉浦くんの読み切りも・・・」

 

 

そして、編集部あるある順位予想大会が始まる

仲田は複雑な心境

浅間「おはようございまーす」

仲田「浅間どうよ本誌初掲載の気分は」

浅間「エゴサしたら案外よかったんで少し気が楽になりました」

龍之介(エゴサ!?)

 

 

龍之介「なんだ!!全然違うラブレターしか出てこねェ!!」

浅間「エゴサしづらいタイトルつけるからだろ」

龍之介「ぐぬぬ」

龍之介は翼に電話

編集部あるある 秘密の話は非常階段

翼「剣埼さん、やれることは全てやりましたジタバタしないで大人しく結果を待ちましょう」

龍之介「いや・・・でもさ」

翼「仕事中なんでもう切りますね」

龍之介「明日の深夜にはアンケートの速報がでるからすぐ連絡するよ・・・そんじゃ」

ガチャ トイレ

???「オェェェ・・・!!オエッ!!」

龍之介「誰か吐いてんのか?」

 

 

翌日 深夜0時前

週刊少年マガジン編集部

 

 

パッ

龍之介(とうとう順位が出た・・・!!)

 

 

浅間「やったァァァ!!」

龍之介「・・・」

山城編集長「まだ確報が出るまでわからんがそれほど順位が変わることはないだろう 浅間 連載決定だ」

浅間「ハイ!!頑張ります!!」

山城編集長「剣埼!結果をしっかり作家に伝えるのも編集者の仕事だ」

 

 

龍之介「・・・直接会って伝えようと思って」

翼「出たんですね?アンケートの結果」

龍之介「・・・まだ確定じゃないけどほぼこれで決まりだろうって・・・」

翼「わかりました・・・教えて下さい」

龍之介「・・・」

 

 

翼「・・・」

 

 

龍之介「・・・なんだ結局お前もビビってたんじゃん」

翼「うるさいです」

名取「しかし本当によかったんですか?剣埼まで連載にしてしまって」

山城編集長「いいか名取・・・週刊少年マガジンは”少年誌”なんだよ」

 

 

ぶっちぎり1位!!

 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#11「読者アンケート」感想

読書アンケート・・・結果発表までのプレッシャー半端ない感じですね!翼の順位は11位でどうなるかと思いきや、年齢別でぶっち1位って!!次が楽しみですね♪

目次ページはこちらをクリック!!

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#10「アトヒキ」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年マガジン 2018年39号[2018年8月29日発売]

翼の読み切りが週マガに掲載されることに!

 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#10「アトヒキ」あらすじ

翼が入選を獲得した作品と、同じく入選を獲得した浅間担当の杉浦氏の作品が週マガに掲載されることに!アンケートで順位が高かった方が連載確約となるサバイバルマッチの行方は・・・?

 

スポンサーリンク



 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#10「アトヒキ」ネタバレ

 

 

翼「・・・いえ いいと思いますが・・・」

龍之介「何?他に問題あった?」

翼「どういうことですか?このマガジン期待の美人作家って・・・」

龍之介「作者の紹介コメントだけど?」

翼「そんなことはわかってます!!そうじゃなくて私の顔が作品に何か関係あるんですか!?」

龍之介「いいじゃん事実なんだし」

 

 

翼「と・・・とにかく変えて下さい!!それ以外は特に・・・」

翼「私 こおういうことされるのが一番イヤなんです!」

龍之介「でも綿貫さんが・・・」

綿貫「できることはなんでもやって勝ちにいく数字が出せなきゃただの負け犬だよ?」

翼「イヤなものはイヤです!!作品の内容以外に余計なノイズは入れたくありません!!」

龍之介「でもさァ」

翼「そんなにこの作品を信じられないんですか!?」

龍之介「イイェ・・・そんなことは・・・」

夏目「・・・で?僕に相談とはなんでしょうか」

龍之介「だから!どっちを選ぶのが編集者として正しいのかってことですよ」

夏目「作品がつまらなければ誰も票など入れません」

 

 

龍之介「じゃあ」

夏目「ですが・・・作家の望まないことを無理強いしてやる気をへし折るような編集者が」

龍之介「結局はどっちが正解なんですか!?」

夏目「どちらも・・・正解であり不正解です」

龍之介「・・・は?とんちっスか?」

浅間「ウチの作家はすんなりOKしてくれたよ?編集者の差で作家を不幸にはしたくないよね!お互い頑張ろうね!!」

龍之介「うるせェわかってるよ!!」

夏目「自分の心に従えばいいだけですよ キミは小鳥遊さんの作品を・・・どう思っているのですか?」

龍之介「ど・・・どうって・・・」

 

 

 

 

美緒「アオリと告知はすごく大事なんだよ?」

龍之介「何を新入社員がエラソーに・・・」

美緒「アオリひとつで雑誌の売り上げが全然 変わってくるんだから!!」

龍之介「わかったわかった!ありがと!!少し落ち着いてくれ」

若月「何よそれ!それなら始めからきたいさせるようなこと言わないで!!」

龍之介「あ・・・あれって」

美緒「若月さん」

 

 

龍之介は夏目の言葉を思い出し

龍之介「そ・・・そうか!!やっとわかったよオレの気持ち!!」

美緒「え!?じゃあ・・・あの・・・」

龍之介「おう!!校了まではまだ間に合う!!すぐ直すぜ!!」

美緒「は?・・・バカっ!!漫画バカ!!」

 

 

翼「・・・ハイ これなら問題ありません」

龍之介「ホントか!?」

翼「と言うより少し驚きました でもそういう可能性もあるんですね・・・この作品には」

龍之介「単純に読んでみたいと思ったからさ」

翼「私も描いてみたいって思いました」

夏目「・・・なるほど・・・」

 

 

 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#10「アトヒキ」感想

アトヒキ・・・今回は龍之介のターンでしたね。編集者のお仕事がよくわかりました。何気に美緒も登場して龍之介に好意を持っているけど・・・。アオリが決まって!次が楽しみですね♪

目次ページはこちらをクリック!!

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#9「同期の関係」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年マガジン 2018年38号[2018年8月22日発売]

湯上りな翼のもとに”朗報”舞い込む!

 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#9「同期の関係」あらすじ

新人賞で入選を獲得した翼。授賞式で週マガNo.1作家・桂木先生に噛みつく一幕もあったが、「日本一の作家」という目標に少しだけ近づいた。次なる目標は、連載獲得だ!!

 

スポンサーリンク



 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#9「同期の関係」ネタバレ

 

 

龍之介「でだ!10以内って条件付きだがうち1人・・・人気アンケートで上だった方は即 週刊連載決定だってよ!!」

翼「う・・・うそ!?ホントですか!?」

龍之介「ホントだよ!粘って人気取れる作品にしようぜ!!」

翼「ハイ!!頑張ります!!」

場面は変わって

 

 

龍之介「な・・・なんスか伏見さん!!」

伏見「キミも別マガ掲載なら僕の読み切りと勝負できたのに・・・せっかくいいデータが取れると思ったのに」

龍之介「データねェ 色々あんだな”結果”の出し方って」

山城編集長「ここから先はお前と浅間の戦いだぞ?勝負は編集者のパッケージ力だ」

龍之介「パ・・・パッケージ力?」

龍之介「お前には絶対負けねェぞ!?」

浅間「・・・それより同期で飲みに行こうよ!入選のお祝いにさ」

龍之介「お・・・おう行くか」

 

 

龍之介「ってオイ!!なんだここは!!」

浅間「何って・・・水着ガールズバーだよ?嫌だった?」

龍之介「こーゆー所来たことねーし・・・どうしたらいいか・・・」

ガール「とりあえず何か飲みなよォ」

龍之介「い・・・いや・・・ハイ・・・あの」

浅間「ホントに?みんなで行こうよ箱根!剣埼くんも行こうよ」

ガール「行きたーい!」

ガール「行こー剣埼さーん」

龍之介「やっぱムリムリ!!もう行くわ!!」

浅間「待ってよ剣埼くん」

 

 

浅間「ダッセェ・・・女の子とマモトに会話もできないの?ドーテーかよ」

竜之介「・・・え もう酔ったのか?」

浅間「酔うわけないじゃん どーでもいいヤツの前でくらい素になるでしょ」

龍之介「お・・・お前・・・」

浅間「女性作家を担当してどんな感じか試してみたら・・・全然ダメじゃん 作家がキミに合わせてくれてたんだね」

龍之介「そ・・・そんなことねーよ!!」

浅間「ハイハイ・・・だったら合わない作家とはどうつき合うわけ?」

龍之介「・・・え」

 

 

浅間「そんなの認めないよ?連載は僕が勝ち取ってトップになるから」

龍之介「・・・オレだって小鳥遊を日本一の作家にするって約束したんだ!!」

浅間「あぁ それは無理だね」

 

 

プルルルル

翼「もしもし?実はラスト3ページ描き直したくて・・・」

龍之介「いいか小鳥遊!!オレは絶対にお前を誰にも渡さないからな!!」

翼「え・・・!?ハ・・・ハイ!?」

龍之介「直せ直せ!!お前の力を見せてやれ!!」

 

 

闘志、漲る!!

 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#9「同期の関係」感想

同期の関係・・・龍之介と同期の浅間の人間性が出た回でしたね。なんとも世渡り上手な感じで。連載はどっちが取るんでしょうか・・・次が楽しみですね♪

目次ページはこちらをクリック!!

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#8「過去と誓い」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年マガジン 2018年36・37号[2018年8月8日発売]

翼、幼き日々の思い出。

 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#8「過去と誓い」あらすじ

新人漫画賞でみごと入選を獲得し、授賞式に臨んだ新米マンガ編集・龍之介と新人マンガ加家・翼。その授賞式で波乱が起きる。同期の受賞者たちの前で、翼が週マガNo.1作家桂木先生に宣戦布告をしてしまったのだ。いったいなぜ!?

 

スポンサーリンク



 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#8「過去と誓い」ネタバレ

 

 

翼「ねェ・・・お母さん じゃあ どうしてお父さんは・・・お母さんが死んじゃった時も・・・」

 

 

場面は授賞式終わって

龍之介「一回 来てみたかったんだよお台場!!」

翼「・・・すいません」

龍之介「そんなんじゃねーって!こーゆー所で静かにやりたいわけよオレは」

翼「・・・」

コツ コツ

龍之介「ん?」

 

 

龍之介「ギャアァァ!!」

翼「聞かないんですか・・・?私と・・・そして・・・」

 

 

山城編集長「随分大きくなったから全然気づかなかったよ」

桂木「悪ィ 山城さん・・・帰るわ」

山城編集長「おい待て!自分の娘だろ!」

桂木「オレには始めから家族なんていねェ・・・だから」

龍之介「どうでもいいよ そんな話」

翼「・・・え」

龍之介「お前の過去とか正直全く興味ねェ ただ」

翼「え・・・?」

龍之介「お前・・・本当にマンガが嫌いなのか?そんなヤツとコンビ組みたくないんだけど」

翼は母との思い出を思い出す

母「だって翼のマンガが面白いからずっと読んでいたいの」

 

 

 

 

龍之介「え!?なになに!?」

青葉「あら・・・ケンカですかね?」

天谷社長「どーせ男の方が浮気でもしたんでしょ」

翼「すいません 桂木先生に腹が立って つい・・・」

龍之介「あ・・・あそ!ビックリするじゃん・・・でも・・・あの挨拶はよかったぜ?」

翼「え?」

龍之介「”桂木先生を叩き潰す!いいじゃん!」

 

 

翼「・・・」

ホントにバカみたいなことしか言わないし

すごくいい加減な人だけど・・・

 

 

翼「ダサい感性がうつるので近寄らないで下さい なんですかレインボーブリッジの誓いって」

龍之介「なんだと!?」

次号、強力なライバル出現!?

 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#8「過去と誓い」感想

過去と誓い・・・桂木と翼の関係がわかりましたね。子供のころからマンガを描いていたなら翼の描くスピードに納得です。そして風夏のキャラ、青葉と天谷社長が登場しましたね・・・次が楽しみですね♪

目次ページはこちらをクリック!!

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#7「新人賞授賞式」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年マガジン 2018年35号[2018年8月1日発売]

ココが週マガ最前線。

少年マンガに命を燃やせ!

 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#7「新人賞授賞式」あらすじ

龍之介は週マガに配属されたばかりの新米編集者。新人マンガ家の翼とともに新人漫画賞に挑戦し、見事「入選」を獲得したのだった!!今週は龍之介の同期でViVi編集部に配属された美緒のお話・・・。

 

スポンサーリンク



 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#7「新人賞授賞式」ネタバレ

 

 

美緒「う~ん いきなり”読モ”見つけて来いなんて言われても」

カツカツ

美緒「あの!!読モとかって興味ありませんか!?」

翼「え!?」

美緒「「オフィスで働く女の子」って企画なんですけどピッタリで!!」

翼「私 オフィスで働いてませんけど」

26階です

龍之介「何してんだお前ら・・・」

翼「私は何も!!」

美緒「え?剣崎くんの知り合い!?」

龍之介「オレの担当作家だし それに今日は」

 

 

龍之介「あぁ小鳥遊 コイツはオレの大学の友達で川内」

翼「へー もしかして付き合ってるんですか?」

龍之介「はァ?」

美緒「そ・・・そんなわけないじゃない!!」

 

 

編集者「おいアレ!!週マガのNo1『タッチアップ』の桂木先生だ!!」

龍之介「!!!オイ 小鳥遊!!挨拶行くぞ 挨拶!!」

龍之介は翼の手を引いていく

美緒「・・・」

翼「剣崎さん 待っ・・・」

龍之介「今年 週マガ配属になりました剣崎です!!桂木先生の『トラベリング』が大好きでこの会社を選びました!!」

桂木「・・・あぁ オレの打ち切りを絶賛したってのは」

龍之介「打ち切りだろうが・・・オレはあの作品が大好きです!!」

桂木「・・・あっそォ」

龍之介「コイツは入選獲った小鳥遊です!!」

翼「ちょっと」

 

 

翼「・・・よろしくお願いします」

それでは授賞式を始めまーす!

桂木「よろしく」

 

 

それでは特別審査委員長 桂木先生からお祝いの言葉を頂きたいと思います

桂木「えー桂木です 今回は受賞おめでとう」

お祝いの言葉が続く

桂木「それでも週マガで連載したいっていうんなら・・・このオレが全力で叩き潰してやる」

龍之介「・・・」

 

 

乙黒「えー入選は二人なんですが 小鳥遊さん!」

翼「・・・ハイ 私は・・・」

 

 

龍之介「え・・・」

山城編集長「・・・!!まさか・・・」

翼「だからその大嫌いなマンガで・・・」

 

 

桂木「・・・」

宣戦布告ッ!?

この二人、何やら因縁アリ・・・?

 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#7「新人賞授賞式」感想

新人賞授賞式・・・美緒は龍之介の事が好きみたいですね。でも龍之介は全く意識ない。そして翼と桂木に何かある?マンガが大嫌いって!!・・・次が楽しみですね♪

目次ページはこちらをクリック!!

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#6「週刊少年マガジン編集部」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年マガジン 2018年34号[2018年7月25日発売]

龍之介、課題中・・・。

 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#6「週刊少年マガジン編集部」あらすじ

指導社員・夏目に「編集者としての嗅覚」を見出され、彼の下で編集者としての技術を学ぶことになった龍之介。4か月間の成果は?

 

スポンサーリンク



ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#6「週刊少年マガジン編集部」ネタバレ

 

 

夏目「・・・なるほど・・・なんとか論理的に作品を観ることができるようになりましたね」

龍之介「だはァァ~やっとOK出たァァ!!」

夏目「天谷さんもキミをほめていましたよ?」

???「おーい 会議始めるぞー!」

場面は変わって

翼「あの!チェックお願いします!」

アシ「え!?もうできたの!?」

翼「それで・・・あの・・・背景のトーンを指定と変えちゃったんですけど・・・」

天谷「・・・うん 断然こっちの方がいいわね OKよ」

アシ「それにしても4か月で随分上手くなったね」

翼「ここで働かせて頂けて すごく勉強になってますし 先生から直接キャラの描き方も教われるなんて夢みたいです」

天谷「アナタのセンスがいいのよ ホント声掛けてよかった」

翼「そ・・・そんな」

天谷「あれ?新人賞の原稿は間に合ったの?」

翼「ハイ 結局全部描き直して締め切り前ギリギリ・・・それでその結果が今日・・・」

 

 

山城編集長「それでは半年に一度の恒例 新人漫画賞の選考結果を伝える」

龍之介(・・・大丈夫だ 絶対 何かしらの賞には入ってるハズだ・・・!)

山城編集長「まずは1位”入選”の作品は・・・」

 

 

龍之介(い・・・いきなり入選で・・・しかも1位だとォ!?」

山城編集長「えー次 同率1位で入選『ラブレター』小鳥遊 翼 担当 剣崎」

龍之介「え?」

山城編集長「そして次は・・・」

龍之介「ちょっと待って下さい!!今 小鳥遊 翼って言いました?」

山城編集長「あ?言ったよ ちゃんと聞いてろ」

 

 

龍之介「あ・・・すいません・・・」

会議が終わり

龍之介「夏目さん!!やりました!!この調子でいったらあっという間に編集長っスかね!!」

夏目「キミがなりたいのでしたらどうぞご自由に」

八神「わかっているのか?これがどういうことなのか」

仲田「・・・ハイすいません・・・」

八神「3年目のお前は5本も出して全て落選 編集者としての価値ゼロだぞ」

仲田「・・・ハイ・・・」

八神「あぁ剣崎 面白かったぞ『ラブレター』」

龍之介「え?・・・ありがとうございます・・・」

夏目「やっと認められたようですね 理由は人それぞれですが面白いマンガを世に出したいという気持ちは皆同じ そしてキミは今日 そこに足を踏み入れたんです」

 

 

場面は変わり

プルルルル

翼「ハ・・・ハイ!!もしもし!!」

龍之介「あぁ 小鳥遊?結果出たんだけどさオレ達もっと頑張らなきゃいけないな」

翼「・・・!!すみません 私の力不足で・・・」

龍之介「・・・は?いやいや入選だよ!!しかもトップで!!」

翼「だったら最初にそう言って下さいよ!!バカ!!」

龍之介「悪い悪い 入選だよー!おめでとー!!」

翼「・・・信じられない」

龍之介「え・・・ゴメンて!・・・小鳥遊・・・?」

 

 

龍之介「オレ達の戦いはこれからだぜ?」

翼「やめて下さい 打ち切りみたいな言い方!!」

オレの正義は

コイツを日本一のマンガ家にすることだ・・・!

次号、新人賞授賞式で大波乱勃発!

 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#6「週刊少年マガジン編集部」感想

週刊少年マガジン編集部・・・あれよと新人賞の結果が決まっちゃいましたね。翼はまだ天谷のところで働くんですかね?龍之介も成長中!ただどこか抜けてる感じがありますね・・・次が楽しみですね♪

目次ページはこちらをクリック!!

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#5「考えて描く」

目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年マガジン 2018年33号[2018年7月18日発売]

マンガに埋もれる龍之介・・・。

遊んでる?いいえ、これも仕事です。

 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#5「考えて描く」あらすじ

 

スポンサーリンク



ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#5「考えて描く」ネタバレ

 

夏目「自分の考えを論理的に伝えられないようでは無能な編集者ですよ?」

仲田「オレ なんか心臓 痛くなってきちゃった」

龍之介「もう『進撃の巨人』5周目っス」

仲田「あれ?最近 翼ちゃん来ないけど」

龍之介「ネームが完成したから新人賞の原稿描いてるだけです」

 

 

仲田「ん・・・んー うん・・・まァ・・・した・・・のかなァ」

乙黒「何それ何それ!!チョー下手くない!?」

龍之介「前より随分・・・」

ドサドサ

夏目「追加のマンガ100冊です 来週までに読んで感想を聞かせて下さい」

龍之介「・・・え・・・ハイ」

夏目「じゃあ打ち合わせに行きますよ 剣埼くん」

 

 

グシャグシャ

翼「こんな絵じゃダメよ・・・でもどうすればいいの?」

場面は戻って

夏目「では そんな感じでネームお願いします」

天谷「ハイお疲れさま」

龍之介(また10時間・・・何も言えないまま終わってしまった)

天谷「あら いたの アンタ」

夏目「そうそう天谷さんに頼まれていたアシスタントの件ですが・・・確認をお願いします」

 

 

龍之介「すげェ上手いじゃないですか!!これ ホントに新人ですか!?」

天谷「・・・んー どの子もイマイチねェ・・・」

龍之介「これだけ描けてもダメなんですか!?」

天谷「全っっ然基本がわかってない」

龍之介「あの・・・絵が上手くなるにはどうすればいいんですか?」

天谷「・・・そうね 絵って言っても”背景が上手い”のと”キャラが上手い”のでは全く違う能力だけど」

 

 

天谷「逆に まったく成長しないのは思考が停止したまま漫然と同じ失敗を繰り返してる子ね」

翼「あの~まだ打ち合わせ中ですか・・・?」

龍之介「小鳥遊」

翼「どうしても上手く描けなくて・・・相談に乗ってもらおうと思って」

天谷「ちょっといいかしら?」

翼「え?あの!天谷先生にお見せするレベルの原稿じゃ・・・」

 

 

翼「・・・ハイ ですよね」

天谷「このビル・・・どうしてこんなに暗い影をつけたの?」

翼「えぇと・・・夕方くらいのつもりで描いたので西日が差して暗めの影になるかと思って・・・すいません・・・」

他にも質問があり

天谷「・・・ふーん」

 

 

翼「ハイ?」

夏目「・・・なるほど・・・」

天谷「それともどこかでアシやってるの?」

翼「い・・・いえやってませんが・・・お手伝いできるほどの画力なんてないし・・・」

天谷「アナタの人生ですものね 自分で決めればいいわ」

 

 

幸運は、いつだって突然降ってくる。

 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#5「考えて描く」感想

考えて描く・・・龍之介は夏目の元でレベルアップ中でしたね。そして翼の画力が・・・。そしたら天谷にアシのお誘いって。この二本柱で話が展開していくんでしょうか?次が楽しみですね♪

目次ページはこちらをクリック!!