ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#15「日本一の夢」

Pocket


スポンサーリンク



目次ページはこちらをクリック!!

(ネタバレ・画バレ全開なので注意!)

週刊少年マガジン 2018年44号[2018年10月3日発売]

二人っきりの取材旅行、

夜の部♡

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#15「日本一の夢」あらすじ

龍之介の実家である伊豆の旅館へ取材旅行にやってきた二人。しかし、一部屋しか空いていなくて同じ部屋で夜を過ごすことに・・・。何かが起こるかも!?

 

スポンサーリンク



 

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#15「日本一の夢」ネタバレ

 

 

龍之介「まァ 連載決定のお祝いまだだったしな たまにはいいだろこれくらいの贅沢」

翼「ってゆーかなんでそおんなカッコしてるんですか?浴衣着たらいいじゃないですか」

龍之介「いや・・・さすがにそれはよくない気がして・・・」

翼「何 着て洋画同じ部屋に泊まることには変わりないでしょ」

龍之介「一応 オレら男女なわけだし」

翼「問題ないでしょ?ただ寝るだけじゃないですか」

母「なんなら既成事実を作ってもいいのよ?」

父「布団は隣の部屋に敷いといたからな」

爺「ワシは男の子の孫が欲しいぞ」

龍之介「!?何してんだ家族揃って!!」

ピシャッ

翼「くすくす 楽しそうな家族だな~」

龍之介「あ・・・そうだ!お前ってなんで最初は編集者になろうとしてたんだ!?」

翼「昔 父が言ってたんです オレがマンガを辞めるとしたら読者に”もういらねェ”って言われた時だって だから打ちきりになる日がきたら私が一番始めに言ってやりたいって”アナタはもういらない作家です”って」

 

 

翼「せっかくだから私からもいろいろ質問していいですか?」

龍之介「え・・・いいけどなんで?」

翼「これから一緒に作品を作っていく人のことはなるべく知っておきたいんです」

龍之介「まァ答えられる範囲のものなら」

翼「じゃあ・・・好きな映画はなんですか?」

龍之介「ん~コレっていうのは無いけどハッピーエンドは嫌いだね」

翼「ふーん じゃあ好きなマンガは?」

龍之介「そりゃ桂木先生の『トラベリング』だよ!!あーでも今連載中の『タッチアップ』も・・・」

 

 

翼「じゃあ・・・好みの女性はどんなタイプれすか?」

龍之介「は?なんの意味があんだよ」

翼「意味があるかどうかは私が決めるの!!」

龍之介「そ・・・そりゃ清楚で可憐で・・・あ美味いなァこの刺身・・・」

翼「身長は?」

龍之介「オレより低ければ別に・・・」

翼「髪の長さは?」

龍之介「な・・・長い方が女性っぽくていいと思います!!」

翼「じゃあ胸は?大きい方がいいの?小さいほうがいいの?」

 

 

翼「さっきから全部・・・私のこと言ってません?」

龍之介「はァ!?」

 

 

龍之介「!?」

 

 

翼「ぐーっ すーっすーっ」

龍之介「・・・ったく 酔っぱらいが・・・」

翼「・・・あれ・・・いつの間に寝ちゃったんだろ・・・剣埼さんは」

 

 

翼「剣埼さん・・・私 何か変なことしませんでした?何も覚えていないんですが・・・」

龍之介「ん?・・・いや別に何も」

翼「あの・・・どうして剣埼さんは編集者になろうと思ったんですか?」

龍之介「オレが子供の頃 週マガの編集さん達が泊まりに来たんだ」

翼「え?」

 

 

龍之介「いつもなんとなく読んでたマンガ雑誌は・・・こんなにも熱い人達が必死で作ってたんだって カッコいいなって思ったよ」

 

 

山城編集長「しかし・・・今のマガジンにはいねェだろうなァ もう一度この雑誌を日本一にしようなんて考えてるヤツは」

龍之介「オレ達がもう一度 マガジンを日本一にする!!」

 

 

これは、マガジンを日本一にする物語。

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#15「日本一の夢」感想

日本一の夢・・・やっぱり翼がやらかしましたね。酔っぱらうというお決まりのパターン。でも手短に終わっちゃいましたね。そして龍之介だけがマガジンを日本一にしようとしている編集者・・・次が楽しみですね♪

ヒットマン専門情報!!(あらすじ・ネタバレ・感想)#16「青天の霹靂」

目次ページはこちらをクリック!!

コメントを残す